会社概要

商号 株式会社 舞昆のこうはら
代表 鴻原 森蔵
従業員 約90名
(※パート・アルバイトを含む)
所在地 〒559-8502 大阪府大阪市住之江区東加賀屋1-3-40
TEL:06-4702-1101
FAX:06-4702-1122
子会社 【舞昆健康食品株式会社】
〒559-0012 大阪府大阪市住之江区東加賀屋1-3-39
TEL:06-4702-1110
製造工場 【かがや工場】
大阪市住之江区東加賀屋1-3-40
【北摂工場】
大阪府交野市倉治7-33-13
【クラウン工場】
大阪市大正区鶴町1-18-13-2F
営業店舗 【かがや店】
大阪市住之江区東加賀屋1-3-40
【田辺店】
大阪市東住吉区田辺4-12-1
【天王寺店】
大阪市天王寺区堀越町10-13
【心斎橋店】
大阪市中央区久太郎町3-4-22
【大正店】
大阪市大正区三軒家西1-26-6
【アベノ店】
大阪市阿倍野区阿倍野筋3-5-11
【天下茶屋店】
大阪市西成区天下茶屋2-21-11
【千林店】
大阪市旭区千林2-12-3
【南田辺店】
大阪市東住吉区南田辺1-10-17
【エキマルシェ大阪店】
大阪市北区梅田3-1-1
【北摂工場直売店】
大阪府交野市倉治7-33-13
主製品 塩昆布 佃煮 昆布発酵応用商品 保健機能食品 健康食品 サプリメント

企業理念

組織図

沿革

1340年 先祖の源氏細川師氏が尊氏の命を受け淡路守護に 居城を養宜館とす
1465年 義満、細川家に勘合(貿易)符を授与
1519年 宜館が応仁の乱で炎上、淡路細川裏山に逃れ「鴻原」と姓を変え海運業
1952年 正一が大阪で昆布煮炊きの修行函館広葉樹林下流浜の昆布発見
1961年 椎茸のうま味を加えた昆布煮「しいこん」を開発し「こうはら本店」で出店
1988年 福岡の大学で発酵栽培(茸)を研究
1989年 船場店に養宜館の屋号を付ける
1994年 魚・茸・果物で濃コク塩昆布を開発 直火仕込み製法が農林水産大臣賞
1995年 東住吉区本社店出店、全国へカタログ販売
1997年 近畿郵政局長賞・お年玉年賀3等景品
2003年 大豆納豆の発酵を昆布に応用 昆布の発酵ギャバ塩昆布試験販売
2004年 大阪府立大学と共同研究(☆昆布発酵で血中脂肪減少効果発見/昆布と桑葉と菊芋に血圧血糖改善効果発見)
天然酵母が育てた贈り物「舞昆」発売MBSラジオ近藤光史が舞昆を紹介
2005年 新聞全国紙全面広告
2006年 東住吉区南田辺発酵職人工房稼働
2007年 大村崑テレビCM収録・全国放映
2008年 第6回「醤 油名匠」称号を賜る(審査・服部幸應)
2009年 舞昆が橋下知事賞受賞 はなまるおめざで萬田久子が紹介 大阪食博出展
橋下・東国原両知事に舞昆贈呈 「食の祭典」大阪府立大学が舞昆を展示
2010年 鴻原森蔵が社長に就任 社名を「株式会社 舞昆のこうはら」に変更
ラジオ番組「舞昆のあったかごはん」放送開始
2011年 テレビCMアニメバージョン「舞昆帰省編」放送開始
2012年 住之江区東加賀屋に新社屋移転
2013年 阪堺電車「舞でん号」発進 大阪食博出展

PAGE TOP